産毛脱毛を行う期間

産毛脱毛に必要な期間

色素が薄い産毛の脱毛

脱毛施術では、脇やVライン、男性のヒゲなどの太くて根深い毛質になれば効果を発揮するまでにある程度の期間が必要になってきます。産毛であれば、細いので早く完了することができるように思われがちですが、色素が薄いことから逆になかなか効果を発揮しないということもあります。脱毛施術で使用されている光は、メラニン色素でもある黒い色に反応させて作用していくのですが、色が薄いものであれば反応しにくいという特徴も持っています。機種によっては産毛を得意としているものもあるので、どの機種を所有しているのかというのも事前に比較してから決めるのもいいでしょう。

産毛の悩みも短期間で解消

産毛に対しては脱毛効果が薄いと考えている人がいますが、施術方法によっては短期間で解消する事が可能です。中でもS.S.C.方式による脱毛方法なら肌への負担を抑えて取除く事ができます。施術の際に使用する特殊なジェルには美容成分に加えて毛の成長を抑える効果が期待できる成分が含まれています。処理する度に成分が浸透し、次第に産毛が細くなり、目立たなくなってきます。化粧のノリも良くなり、顔が明るくなった様な印象を得る事ができるのが特徴です。個人差はありますが、2ヶ月位の間隔で4回から6回の施術を受ける事で効果を実感する事ができます。

↑PAGE TOP